To the English homepage 中文的主页 サイトマップ お問い合わせ
SHIGA UNIVERSITY international(滋賀大学国際センター)
サイト内検索
by Google

国際センター・ホーム > INFORMATION 2006/07

INFORMATION

啓明大学教員が本学を表敬訪問

2006/07/27

7月26日、韓国・啓明大学校招聘専任講師の松岡知津子先生が本学を表敬訪問されました。現在、松岡先生は啓明大学校の国際学大学日本学科で日本語を教えていらっしゃいます。今回国際センターにお招きし、韓国での日本語事情や大学の様子等について有益なお話を伺うことが出来ました。また啓明大学校と滋賀大学との学生交流についても活発な意見交換が行われました。

松岡知津子先生(啓明大学講師:写真中央)と国際センタースタッフ松岡知津子先生(啓明大学講師:写真中央)と国際センタースタッフ

ページ先頭に戻る


美湖中学校との交流(附属中学校)

2006/07/27

滋賀大学教育学部附属中学校は5月に韓国教員大学校附設美湖中学校と姉妹校提携の調印を行いました。主な提携の内容は(1)生徒の交流(2)PTAの交流(3)研究,教授資料,教材および公刊物その他の情報交換です。

今回,調印を経て第1回目の交流として美湖中の生徒ら38名が附属中学校を訪問しました。体育館での歓迎会の後,美湖中学校の生徒は附属中学校の生徒と一緒に音楽,理科などの授業を体験しました。家庭科では日本の伝統的お菓子であるわらびもち作りを行いました。生徒達は協力し合い,わらびもちの素と黒みつを鍋で煮詰め,もちが固まったところで冷水に浸しました。最後にきな粉をまぶして盛りつけました。美湖中学校生たちは,「やさしく教えてくれてうれしかった。わらびもちはおいしかった。」などと話しました。

美湖中の生徒達は附属中学校の生徒宅に一泊のホームステイを経験して帰国の途につきました。ホームステイを受け入れた保護者からは「貴重な経験でとても思い出深いものになりました。」などと感想を話しました。また,美湖中学校の生徒一人ひとりからホストファミリーにお礼の手紙が届きました。これからの友好と交流があらためて確認されました。

  12月には,附属中学校の2年生120名が修学旅行で美湖中を訪問する予定です。

ページ先頭に戻る


海外研修・留学の危機管理オリエンテーション(彦根キャンパス)

2006/07/26

7月20日(木)、彦根キャンパスにて海外研修・留学における危機管理オリエンテーションが行われました。参加者35名程が集まる中、JCSOS海外留学生安全対策協議会理事、服部誠氏を講師としてお迎えし、海外研修・留学先での事件・事故の現状と回避術等を説明していただきました。後半にはグループワークによる参加型危機対策シミュレーションも行われ、緊急事態を想定した討論が活発に進められました。

写真中央:服部誠氏(JCSOS海外留学生安全対策協議会理事)写真中央:服部誠氏(JCSOS海外留学生安全対策協議会理事)

危機対策シミュレーション-こんな時どうする?危機対策シミュレーション-こんな時どうする?

ページ先頭に戻る


「経済学部長と語る会」を開催します ~Heart to Heart~

2006/07/14

 彦根キャンパス国際化の取り組みの一貫としての4回目の企画です。留学生が準備する各国の料理やパーフォーマンスなどを準備しております。
  留学生、日本人学生、教職員、地域にお住まいの多くの方々のご参加をお待ちしております。
  準備の都合上、ご出席の有無を、下記申込先に、E-mail、電話、Faxのいずれかでご連絡お願いします。


日 時: 8月4日(金)17時30分から20時
場 所: 滋賀大学国際交流会館 芝庭
内 容: 経済学部長および教職員を囲んでの留学生・日本人学生の交流会・ガーデンパーティ
参加費: 無料(教職員は1000円より。寄付大歓迎です)
参加者: 滋賀大学留学生・日本人学生・教職員、JCMU学生・教職員、VOICE、地域にお住まいの方々
申込先: 学術国際課留学生係 
       E-mail: kokusai@biwako.shiga-u.ac.jp
       Tel  :0749-27-1172
       Fax  :0749-27-1174

PDF ダウンロード

ページ先頭に戻る


タイへの交換留学生が日本経済新聞で紹介されました

2006/07/13

交換留学生として2005年10月から2006年3月までタイ・チェンマイのラジャパット大に留学していた教育学部4回生水野敦史さんが、7月10日(月)付日本経済新聞夕刊「海外留学様変わり~番外編」に掲載されました。留学の動機やタイでの生活、留学中に感じたこと等が紹介されています。

日経ネット関西版
http://www.nikkei.co.jp/kansai/univ/



ページ先頭に戻る


ハノイ国民経済大学教員が本学を表敬訪問

2006/07/12

7月11日、ハノイ国民経済大学よりグエン ニュ ビン先生(国際経済担当副研究科長)とマイ ゴック ラン先生(国際経済学部講師)の2名が表敬訪問されました。ラン先生は今年3月滋賀大学の博士課程を修了されたばかり。現在は母国ベトナムで活躍していらっしゃいます。

ハノイ国民経済大学と滋賀大学とはまだ交流協定を締結していませんが、今回の訪問では学術交流、学生交流について活発な意見交換が行われました。今後の両大学の交流が更に発展していくことを望みます。

国際センタースタッフとともに国際センタースタッフとともに

左:グエン ニュ ビン先生 右:マイ ゴック ラン先生左:グエン ニュ ビン先生 右:マイ ゴック ラン先生

ページ先頭に戻る


「海外留学 はじめの一歩」を開催しました

2006/07/11

7月6日(木)(大津キャンパス)と7月13日(木)(彦根キャンパス)の2回にわたり、「海外留学 はじめの一歩」と題し、現役のミシガン州立大学生浅田彩香さんをお迎えし、アメリカでの大学生活をご紹介いただきました。

平井肇国際センター長の挨拶に続き、流暢な英語で自己紹介をして下さった浅田さん。現在、ミシガン州立大学の4回生で、Fisheries & Wildlife Management (漁業・野生動物の管理)がご専門です。

大津キャンパスでは、平井センター長、川嶋宗継教授、国際理解コースや環境教育コースの学生約10名が参加。彦根キャンパスでも10名が参加し、アットホームな雰囲気の中、現役大学生ならではの留学情報をご紹介いただき、学生からの様々な疑問にも丁寧に答えて下さいました。

「せっかく海外で学ぶのだから、日本人同士でかたまらずに、現地で一人でも多くの友人をつくることが大切」とのメッセージをいただきました。海外留学を計画しているみなさん!あなたもぜひ「はじめの一歩」をふみ出してみて下さい。

右端:浅田彩香さん 左端:川嶋宗継教授右端:浅田彩香さん 左端:川嶋宗継教授

アルバムから写真を紹介する浅田さん(大津キャンパス)アルバムから写真を紹介する浅田さん(大津キャンパス)

彦根キャンパスにて彦根キャンパスにて

ページ先頭に戻る


Elizabeth Taylor教授講演会を開催します

2006/07/10

オーストラリア・ディーキン大学より、英語教育で著名なElizabeth Taylor教授を迎えて講演会を開催します。
ぜひご参加下さい。

日時:7月17日(月:海の日)13:30-16:00
場所:滋賀大学教育学部 第4講義室
http://www.sue.shiga-u.ac.jp/doc/access_1.html
講師:Elizabeth Taylor教授
(TESOL programme, Faculty of Education,Deakin University)
題目:
(i) Teaching content or teaching language?: Teaching science and mathematics through the medium of English in foreign language contexts.
(ii) Use of the mother tongue in the English language teaching classroom

主催:滋賀大学国際センター
共催:国際理解教育コース
連絡先:田村幸誠研究室
     (国際理解コース/英語教育講座/国際センターセンター員)
問い合わせ:電話 077-537-7812

Elizabeth Taylor教授講演会印刷資料

Elizabeth Taylor教授講演会Elizabeth Taylor教授講演会


ページ先頭に戻る