To the English homepage 中文的主页 サイトマップ お問い合わせ
SHIGA UNIVERSITY international(滋賀大学国際センター)
サイト内検索
by Google

国際センター・ホーム > INFORMATION 2006/12

INFORMATION

タイにスポーツ交流に行きました

2006/12/27

教育学部では、12月17日から23日にかけて「滋チェン戦」遠征を行いました。これは、本学とタイのチェンマイ大学とチェンマイ地域総合大学との間で2001年から続いているスポーツを通した学生交流活動で、今回が4回目です。今年は、サッカー部、女子バレーボール部、女子バスケットボール部、女子ハンドボール部、少林寺拳法部、柔道部の有志37名が参加しました。

対抗戦は、サッカーとバレーボールが1勝1敗、バスケットボールが2敗の成績でした。慣れない気候やグランドや床の状況の違いもあって、完全な「アウェー」の状態でしたが、仲間の熱のこもった応援の下、選手は一生懸命プレーしました。開会式では、少林寺拳法と柔道の模範演技を披露しました。

スポーツ交流の他にも、象に乗ったり、ナイトバザールで値切る交渉をしたり、いろいろな経験をしました。現地の学生とディスコに行ったりして、友好を深めた人もいます。まるで『ウルルン滞在記』のような山岳少数民族の村の訪問も貴重な体験でした。

なお今回の遠征に当たり、教育学部の同窓会、後援会、学生自治会、運動部連盟から補助をいただきました。また、SUiからは職員一名を派遣していただきました。この場を借りて、お礼申し上げます。


運動部連盟顧問・団長 辻延浩

少林寺拳法部の演武(チェンマイ地域総合大学)少林寺拳法部の演武(チェンマイ地域総合大学)

サッカー部1対0で勝利(チェンマイ大学)サッカー部1対0で勝利(チェンマイ大学)

モン族の子供たちと踊る滋賀大生モン族の子供たちと踊る滋賀大生

ページ先頭に戻る


留学生 姜 周亨さんが全日本きもの装いコンテスト関西大会で1位入賞

2006/12/14

12月10日(日) 彦根文化プラザにて着付けの速さと美しさを競う「全日本きもの装いコンテスト関西大会」が開催され、滋賀大学からは外国人留学生姜 周亨さん(経済学部3回生・韓国出身)が出場、みごと外国人の部で1位入賞されました。姜 さんは4月に東京で行われる世界大会へ出場されることになります。コンテストでは日本人でも着装の難しい着物を素早く着こなし、その姿も華やかでとても堂々とされていました。世界大会に向けて皆さんの応援をお願いします。

留学生の姜 周亨さん(写真中央)留学生の姜 周亨さん(写真中央)

ページ先頭に戻る


学長と留学生との交歓会を開催しました

2006/12/06

12月5日(火) 17時30分から、教育学部キャンパス生協食堂において、『学長と留学生との交歓会』を開催しました。

この交歓会は、毎年度1回、経済学部、教育学部いずれかのキャンパスで開催しているもので、今回は両キャンパスの留学生、指導教員等関係教職員の他、滋賀県や大津市の関係者等学外者も含め約90名が出席しました。

成瀬学長の挨拶、井深副学長の発声による乾杯で開会の後、交歓会では多くのパフォーマンスが披露されました。キャンドルを手に民族衣装をまとったタイの留学生の歌、ベトナム、メキシコのお国柄たっぷりの歌、中国の留学生の独唱、また、下地理事が沖縄三線を手に沖縄民謡を披露され、最後は、中国留学生全員による大合唱により、大変華やかな雰囲気の中、学長をはじめ教職員、学外関係者と留学生が和やかに交歓しました。

最後に平井国際センター長から閉会の挨拶があり、交歓会は盛会裡に終了しました。

ページ先頭に戻る


平成18年度国際センター海外派遣職員研修報告会が開催されました

2006/12/04

滋賀大学国際センターでは、文部科学省からの概算要求(特別教育研究経費)による支援を受け、今年度初の取組みとして、滋賀大学国際センター海外派遣職員研修を実施しました。この制度は、国立大学当時はなかなか実現できなかった事務系職員による海外研修を実現したもので、当研修は、交流協定校での視察・研修を通して国外の大学組織や運営について見識を深め、今後の大学の国際交流や幅広い人的ネットワークの構築を推進していくことを目的としています。

今回の海外派遣先はオーストラリアのディーキン大学とタイのチェンマイ大学、チェンマイ・ラジャパット大学で、派遣期間、派遣職員は以下のとおりです。
・ディーキン大学(オーストラリア)
  期間:2006年9月2日~9日
  派遣職員:多喜千浩(学務課 教務係)
  斎藤晴樹(総務課 総務係)
・チェンマイ大学及びチェンマイ・ラジャパット大学(タイ)
  期間:2006年9月9日~16日
  派遣職員:北村義則(財務課 調達係)
  浅見育男(現 京都工芸繊維大学財務課)

上記4名の研修生はとても意欲的で、研修中には各訪問大学において様々な部局を訪問し、事前に設定しておいた課題に対し積極的に視察、意見交換等を行ってきました。

11月30日に開催された報告会では、学長、理事出席のもと、研修生はパワーポイントを駆使しながら訪問大学の状況について熱心に報告をし、積極的な意気込みが伝わってきました。また、その後多くの質問が出され有意義な報告会となりました。

国際センターでは、来年度も引き続き海外派遣職員研修を実施する予定です。


ページ先頭に戻る