To the English homepage 中文的主页 サイトマップ お問い合わせ
SHIGA UNIVERSITY international(滋賀大学国際センター)
サイト内検索
by Google

国際センター・ホーム > INFORMATION2009/06

INFORMATION

 

Joseph Rivard教授が大津キャンパスを訪問されました

2009/06/20

6月20日から26日にかけて、米国Central Michigan UniversityのJoseph Rivard教授が大津キャンパスを訪問されました。

Rivard教授は教育心理学がご専門で、校内暴力やいじめの問題を研究しておられます。今回の来日は、日本の校内暴力やいじめの実態や取り組みについて情報を得るのが主たる目的でした。大津市内の中学校や滋賀県教育委員会を訪問して、担当の先生たちと直接情報交換をされました。

 Rivard先生によれば、校内暴力やいじめは、親子の関係や社会のネット化、ライフスタイルの変化など子どもたちを取り巻く社会的環境が大きく関係しており、日米共通の点もあれば、それぞれの社会特有な現象もあるそうです。先生は、問題解決のために教員や警察官OB・OGが協力する取り組みについて、特に関心を持たれたようでした。

大学院教育学研究科では、二度にわたり、いじめや校内暴力の背景について講義をしていただきました。英語による講義でしたが、英語版と日本語版のパワーポイントが用意されていたため、学生たちは先生の喋られることがかなりのところ理解できたようで、熱心に聞き入っていました。また、先生が教室を飛び回り、ダイエットペプシの飲みながら、大きなアクションで汗だくになって講義される様子は、日本の大学の講義ではちょっと経験できないものでした。まるでアメリカの大学の授業を受けているようだとの感想を述べた学生もいました。

本学は、ミシガン州の15の州立大学連合と交流協定を結んでいます。今後、このような教員レベルでの相互訪問が進むことを期待しています。

滋賀大学教育学部HP

 


ページ先頭に戻る

 

国際交流会館で消防訓練を行いました

2009/06/04

5月28日(木)、彦根市消防署職員3名の方を招き、国際交流会館在住留学生13名の参加のもと、通報訓練、非常用梯子の使用方法の説明を受けた後、実際に訓練用消火器を用い消火訓練を行いました。

普段なかなか見る機会のない避難梯子の設置場所、取り付け方法などを直に見ることができ、また消火器の使用方法なども実際手にとることにより、防災意識の向上につながったことと思います。通報訓練もあわせて行い、今年も無事消防訓練を終えました。

 

 

ページ先頭に戻る

 

国際交流会館で除草作業を行いました

2009/06/04

5月27日(水)、国際交流会館にて、春の除草作業を行いました。参加者は会館生、教職員、会館チューター併せて15名、午後4時20分から約1時間かけて会館周囲の除草を行いました。

会館生は自分達の生活している場所なので一生懸命作業を行い、きれいになりました。

 

 

ページ先頭に戻る

 

Japanese Economy and Business非常勤講師の公募について

2009/06/03

この度滋賀大学国際センターでは、非常勤講師を下記により公募することになりました。

詳しくはこちらをご覧ください


 

講演会「The Hidden Hand of Violence
 ~暴力の深層に潜む見えざる手~」を開催します

2009/06/01

セントラルミシガン大学から心理学専門の先生をお招きし、校内暴力の問題について心理学の先進的視点から講演いただきます。
さまざまな校内暴力の形、青年期男子の攻撃性、暴力へとつながる道程、攻撃的行動について考察する際に大変重要となる、社会的問題・心の問題などについて考えていきます。

講 師:Dr.Joseph D.Rivard (Central Michigan University)

日 時: 6月24日(水) 16:30~18:00
場 所: 滋賀大学教育学部 中講義室
対 象: 教育学研究科大学院生および現職教職員等
主 催: 滋賀大学教育学部

※講演は英語ですが通訳付きです。
 多数のご参加、お待ちしております。
 興味ある学部生も参加歓迎します。

PDF ダウンロード

ページ先頭に戻る