To the English homepage 中文的主页 サイトマップ お問い合わせ
SHIGA UNIVERSITY international(滋賀大学国際センター)
サイト内検索
by Google

国際センター・ホーム > INFORMATION2009/07

INFORMATION

 

『平成21年度第1回滋賀大学交換留学奨励金授与式』が開催されました

2009/07/22

本学の海外交流協定校との学生の交流を促進するため、受入交換留学生に対して10万円、派遣交換留学生に対して15万円(アジア圏は10万円)の奨励金を助成しています。

本年度第1回の授与式が7月22日(水)午後4時から開催されました。

秋山理事から、今年4月から交換留学生として受け入れた5名(内、2名は欠席)および8月以降交換留学生として派遣する4名(内、1名は欠席)に、奨学生決定通知書が手渡されました。

その後、秋山理事から激励の言葉が述べられ、奨学生たちは今後の益々の活躍を胸に秘め決意を新たにしていました。

 

 


 

『滋賀大学長と留学生との交歓会』が開催されました

2009/07/15

7月10日(木)16時00分から、事務局棟3階大会議室において、『学長と留学生との懇談会』が開催されました。その後、17時30分から『懇親会』が開催されました。

昨年に続き学長から、ぜひ留学生と意見交換を行いたいという希望があり、懇談会が実現しました。今年も留学生からの意見や要望がたくさん出され、学長も真摯に耳を傾けられ、活発な意見交換となり、実り多い懇談会となりました。

懇親会は、成瀬学長の挨拶、秋山理事の発声による乾杯で開会されました。今年も外部より、滋賀県国際協会、彦根市国際協会、ひこね国際交流会VOICEの皆様に来ていただき、終始和やかなムードの中、留学生によるパフォーマンスが披露されました。今年は教育、経済あわせて13組のパフォオーマンスが出され、様々な国の出し物を見ることができました。中国人留学生によるお琴の演奏、書道の披露、歌、二胡演奏、内モンゴルの歌、けばね、ベトナムの歌と伝統的な踊り、フルート演奏、モンゴルのダンス、ペルーのダンス等が行われました。どのパフォーマンスからも、それぞれの国の文化を垣間見る事ができ、留学生や教職員も一緒になって楽しめるものでした。閉会の際、「まるで世界中を旅行した気分になりましたね」と言われた国際センター長の言葉通り、ここに集まった参加者全員で様々な国を一度に巡れたような楽しい雰囲気の中、無事懇親会を終えることができました。

 


 

中国からの留学生が比叡山中学を訪問しました

2009/07/04

私立比叡山中学校で7月4日(土)に開催された「人権デー」の活動に、本学教育学部および大学院教育学研究科で学ぶ留学生3名が参加しました。今回、同校を訪問したのはいずれも中国からの留学生で、湘潭大学からの交換留学生である大学院特別聴講生のコセイセイさん、大学院1回生の仲禹潼さん、学部3回生の哈申其木格さんです。

今回の「人権デー」は、人権を考えていく上で大切な、他人を知り、違いを認めることに気づくきっかけとなるような活動を行うことが目的で、中国からの留学生を招いて、中国のことをもっと知ってもらいたいとのことで要請がありました。当日は、黒板に中国語で自分の名前や出身地を書いて自己紹介し、簡単な中国語を学んでもらったりしながら交流を深めました。

中学生の皆さんが中国や中国語に興味を示してくれて、とても楽しい交流ができたと参加した学生は話していました。

 

 


ページ先頭に戻る