To the English homepage 中文的主页 サイトマップ お問い合わせ
SHIGA UNIVERSITY international(滋賀大学国際センター)
サイト内検索
by Google

国際センター・ホーム > 留学支援 > 海外研修・交換留学を希望する皆様へ > 滋賀大学の交換留学プログラム > 留学を考えている皆さんへ

■海外研修・交換留学を希望する皆様へ

滋賀大学の交換留学プログラム

留学を考えている皆さんへ

滋賀大学国際センターがここで留学として紹介するのは、滋賀大学が学生交流協定を結んでいる海外の大学へ、滋賀大に在学しながら留学する交換留学生プログラムについてです。(これら協定校以外への留学については、各自で留学先大学を探し、受入許可を得て留学してください。)

交換留学生として留学を計画する上で考慮しなければいけないことは、留学の目的、留学先、留学時期・期間、語学力、また費用の面などです。

まず、留学の目的を考えましょう。「自分は留学において何をしたいのか、得たいのか」、この目的意識をしっかり持っていないと、留学により得られる経験以上に留学中のストレスを強く感じることになるでしょう。また、帰国後の就職活動を始めとする将来設計も十分検討した上で計画を進めてください。

次に、留学先の大学を決定しましょう。滋賀大学からの交換留学生として留学する場合、英語圏ではアメリカやオーストラリアの大学、また、タイや中国を始めとするアジアの大学、スペイン語を履修している学生にはメキシコの大学があります。自ら各大学のホームページなどを調べ、留学の目的に沿った大学を決定してください。

次に、留学時期と留学期間を決定しましょう。留学開始時期については「協定校紹介」のページを参考にしてください。留学計画を立てる際には必ず教務担当者やゼミの指導教員と卒業までの履修計画を相談してください。取得単位数や科目によって4年間で卒業出来ない場合があります。

同時に留学のための準備を始めましょう。英語圏の大学への留学を希望する人は、TOEFLの英語能力試験の結果によって、派遣可能かどうかが決定されます。TOEFLのスコアが低いと、相手方大学の学部や大学院で正規の授業の履修を許されずに、一定の水準に達するまで附属の語学学校で学ばなければなりません。語学学校の費用は別途必要となります。英語圏以外の大学でも、英語でコミュニケーションを採る機会が多いので、英語を勉強しておくことを強く勧めます。

また、費用の面ではご家族のご理解も必要となってきます。留学先大学への授業料は無料ですが、滋賀大学への授業料、現地での生活費の他に渡航費、保険料、雑費などが加わります。入学許可やビザ取得のために、銀行の残高証明が必要な場合があります。

以上の点を踏まえ、留学を希望される方は、国際センター、または、大津キャンパスは学生センター、彦根キャンパスは学術国際課までいつでも相談に来てください。また、国際センターでは、毎秋留学説明会を開催していますので参加してください。

ページ先頭に戻る