To the English homepage 中文的主页 サイトマップ お問い合わせ
SHIGA UNIVERSITY international(滋賀大学国際センター)
サイト内検索
by Google

国際センター・ホーム > 留学支援 > 海外研修・交換留学を希望する皆様へ > 交換留学プログラム > ミシガン州の大学に留学するには

■海外研修・交換留学を希望する皆様へ

滋賀大学の交換留学

ミシガン州の大学に留学するには

1 履修するコース等
それぞれの大学、学部によって異なった選考基準や留学に関する規定がありますので、学びたい学部を決めたら、各自それぞれの大学のホームページやJCMUで基準を調べることが必要です。
2 留学時期・期間
8月~12月、1月~5月の2セメスター
最長2セメスターまで在籍できます。
3 語学力
一定の語学力が要求されますが、これも大学、学部によって異なります。基本的にはTOEFL iBTで79-80点が一応の目安となります。要求されているTOEFLのスコアをクリアするには、1年程度の学習期間が必要です。また、TOEFLには独特のクセもあり、学習に際しては国際センターの教員に相談し、戦略的な学習計画に基づいて取り組むことが目標達成の鍵となります。英語力不足の場合は、留学先大学のEnglish Language Centerで学ぶことが必要とされますが、ここでの授業料は免除されない場合が多いようです。なお、TOEFLはETS(English Testing Service,米国)が実施しているコミュニケーション英語の国際的な標準試験です。試験・受験の手引きなどの詳細は、http: //www.ets.org/を参照してください。サンプル問題のダウンロード等も可能です。
4 宿舎
学内の寮、学内のアパート、学外のアパート他。宿舎費はまちまちですが、自己負担です。
5 経費
正規の学部授業料は不徴収。語学学校は授業料が別途必要。渡航費、生活費は実費
授業料以外の経費(渡航費用、生活費、本代など学習に必要な経費、趣味や余暇に用いるお金など)は自己負担です。物価は日本と変わりません。
6 治安
概してどの大学も大学街にあり、アメリカの中では治安のいい、のんびりした街です。でも、日本は世界有数の安全な国ですから、日本と同じと考えないように注意しましょう。
7 留学までの流れ
(10月) 学内留学説明会
(11月中旬)学術国際課(彦根)、学生センター(大津)へ
留学申請書を提出。
学内選考のための下記書類提出
・TOEFLスコア ・志望理由等エッセイ(和文・英文) 
・成績表
(1月) 学内選考
(1月から2月初旬)JCMU(MSU内)へ出願
・TOEFLスコア ・志望理由等エッセイ(英文) 
・英文成績証明書
(2月下旬から4月)留学先大学・学部の決定、各大学へ出願
(書類は各大学によって異なる)
・申請書 ・TOEFLスコア ・パスポートコピー
・英文成績証明書 ・財政証明(銀行預金) 
・健康診断書 等
(4月から8月)留学のための準備(ビザ申請等)
(9月)留学
8 備考
もともとの語学力やTOEFLの得点如何によって留学までに要する期間はかなり変化します。まずは、TOEFLのスコアアップを目指して努力してください。
イメージ
イメージ
イメージ

ページ先頭に戻る