To the English homepage 中文的主页 サイトマップ お問い合わせ
SHIGA UNIVERSITY international(滋賀大学国際センター)
サイト内検索
by Google

国際センター・ホーム > 留学支援 > 滋賀大学へ留学を希望する皆様へ > 学習環境 > 滋賀大学の環境

■滋賀大学へ留学を希望する皆様へ

学習環境

滋賀大学の概要

滋賀大学は、彦根高等商業学校と滋賀師範学校を母体にして1949年に国立大学として創設されました。本部、経済学部と大学院経済学研究科は彦根市に、教育学部と大学院教育学研究科は大津市にあります。彦根市も大津市も歴史のある街で、滋賀県には日本で一番大きな湖の琵琶湖があります。彦根キャンパスは、琵琶湖の畔で彦根城の近くに、大津キャンパスは瀬田川の畔で石山寺の近くにあり、どちらも緑が多く静かで落ち着いた環境に囲まれています。

滋賀大学は学生数が約4000人と、比較的小規模な大学です。しかし、このことは、学生同士、学生と教職員の距離が近いことを意味します。また、図書館やIT設備、スポーツ施設は充実しており、学生は自分で学び、友と共に学び、教師と共に学ぶことができます。学生と教職員がひとつの共同体(コミュニティ)を作り、充実したキャンパス・ライフを送っています。

滋賀大学の理念は、「グローバルな視野をもち、人間性ゆたかな教養を備えた、専門性の高い職業人の養成」です。私たちは、伝統的に実践的教育を重視し、産業界や教育界に有能な人材を送り込んできました。21世紀に入り、国境を越えた人の移動がますます盛んになっています。私たちは、世界の平和と人類の幸福のために、地球的規模での人材育成に貢献すべく、海外からの留学生を積極的に受け入れる所存です。

イメージ

ページ先頭に戻る