To the English homepage 中文的主页 サイトマップ お問い合わせ
SHIGA UNIVERSITY international(滋賀大学国際センター)
サイト内検索
by Google

国際センター・ホーム > 留学支援 > 滋賀大学へ留学を希望する皆様へ > 生活環境 > アルバイト

■滋賀大学へ留学を希望する皆様へ

生活環境

アルバイト

アルバイトをする前に

留学生がアルバイトをするためには、資格外活動許可書が必要です。
資格外活動許可を必要する留学生は、入国管理局に申請します。許可の範囲は以下の通りです。

在籍形態 時間 職種
正規生 週28時間以内 風俗営業ならびに風俗営業の行われている場所におけるアルバイトを除く
研究テーマを与えられている研究生 週28時間以内
聴講生・科目等履修生 週14時間以内

資格外活動許可書を申請するための必要書類は、下記の通りです。 大学から発行する
副申書は不要になりました。

(1)パスポート
(2)学生証
(3)資格外活動許可申請書
(4)在留カードまたは外国人登録証明書

資格外活動許可がなければ

資格外活動許可なしで報酬を得る活動を行うと、罰金を科せられる他、最悪の場合、退去強制などの処分を受けることがあります。また、資格外活動許可があっても、許可された範囲の時間を超えたり、アルバイトをしてはならない場所で働いたりした場合も、罰金を科せられる他、最悪の場合、退去強制などの処分を受けることがあります。
資格外活動許可書は、アルバイトをする予定がなくても、取ることができます。在留手続きを行ったときは、資格外活動許可の申請も同時に行うようにしましょう。

なお、次のような場合は、資格外活動許可書がなくても、報酬を得ることができますが、あらかじめ、国際センターの教員に相談するのがよいでしょう。

  • 友人の引越を手伝って、お礼のお金を受け取る
  • 国際交流団体などから依頼を受け、講演などを行って、お礼のお金を受け取る

アルバイトをするときの注意

日本は物価の高い国ですから、本国からの仕送りだけでは、勉学を続けるための安定した生活を送るのはたいへんだと思います。また、アルバイトすることを通じて、大学以外の地域の日本人たちと触れあうことは、日本の文化を知る上や、日本語力をアップさせる意味でも、役に立つことです。大学だけに閉じこもらず、日本の社会の中に飛び込んでみてください。
ただし、アルバイトをしたのに給料をもらうことができなかった、あるいは、突然アルバイトをやめさせられた、というトラブルも発生しています。アルバイトを始めるときは、次のような点について、雇用者側とよく話し合っておくことも大切です。話し合ったことはメモにして取っておく、あるいは、求人募集広告は棄てずに保存しておくようにしましょう。

  • 勤務する曜日、時間、日数など、労働時間に関すること
  • 勤務する場所に関すること
  • 時給、交通費、超過勤務手当など、報酬に関すること

なお、日本では、定められた時間に遅刻したり、無断欠勤をしたりすることに対して、とても厳しいです。時間を正確に守り、もし急な用事で遅刻や欠勤をするときは、その時間までに電話で連絡するようにしましょう。

アルバイトでトラブルが起こったら

アルバイトをしたのに給料をもらえない、突然やめさせられた、などのトラブルがあったときは、労働基準監督署などで相談することができます。まず、国際センターの教員に事情を話しに行ってください。

ページ先頭に戻る