To the English homepage 中文的主页 サイトマップ お問い合わせ
SHIGA UNIVERSITY international(滋賀大学国際センター)
サイト内検索
by Google

国際センター・ホーム > NEWS 2007/06/28

NEWS

中国・東北財経大学の職員・王廸さんが本学で研修

2007/06/28

東北財経大学(中国・大連)国際交流処の職員である王廸さんが、本学国際センターの招きを受けて、6月5日から19日までの15日間、充実した職員研修生活を送りました。

2001年~2005年、東北財経大学の国際商務外国語学院で「商務日語」(ビジネス日本語)を専攻し、卒業後、同大学の国際交流処に就職した王さんは「本物」の日本をこの目で見たことがなく、今回の本学での研修は初めての来日。「滋賀大学の方々に対する感謝の気持いっぱい」と王さん。大学の本部にある学術国際課のスタッフと机を並べて仕事をし、職場の明るい雰囲気が印象的だった、と王さんは話します。同時に、学長表敬、講演「事務サイドから見た滋賀大学と東北財経大学の交流」(6月11日、学術国際課会議室)や図書館訪問(これからの両大学の図書館間における交流の具体化をめぐって意見交換)などをもこなしていく王さん。「忙しいですが、充実している」と笑顔で語ります。

教育学部へも新快速で通いました。「教育学部長と留学生との懇談会」(6月7日、大津キャンパス)に参加して、日本で頑張る留学生たちの姿に感動を覚えた王さん。その王さんが本部では鍋倉先生の「中国語」、石山では楊教員の「東アジアの多様性の理解」などに授業参加。受講生と中国語で言葉を交わしたり、中国の一人っ子政策やエネルギー問題や大学教育などに関する学生たちの鋭い質問に答えたりして、「新聞や雑誌によってではなく、この目で日本の大学生を見、彼らと話すことができたことは大きな収穫」。帰国後に等身大の日本大学生像を東北財経のみなさんに伝える、と王さん。

帰国後の王廸さんがこうした15日間の職員研修で得たものをこれからの両大学の交流にいかしてくれることを、わたしたちは期待しています。 (楊 暁文)

(写真左から)成瀬学長、王さん、楊先生(写真左から)成瀬学長、王さん、楊先生

講演会で講演会で

ページ先頭に戻る


ページ先頭に戻る