To the English homepage 中文的主页 サイトマップ お問い合わせ
SHIGA UNIVERSITY international(滋賀大学国際センター)
サイト内検索
by Google

国際センター・ホーム > NEWS 2007/09/11

NEWS

マレーシア滋賀大学同窓会が結成されました

2007/09/11

9月1日、マレーシアの首都クアラルンプールのレストランで、マレーシアからの留学生として滋賀大学で学んだ人たちのリユニオン・パーティが開かれました。学生時代お世話になった彦根市のボランティア団体VOICEのメンバーがマレーシアを訪問したのに合わせて、Chong Huck Joo氏(95、経院)が中心になって関係者に呼びかけたところ、18名の元留学生と彼らの家族が集まりました。本学からは平井国際センター長と半井学術国際課専門職員が参加しました。

パーティに先立ち、VOICEの小沢会長と本学の成瀬学長のビデオメッセージの紹介、VOICEの河瀬さんと平井センター長の挨拶、半井専門職員の滋賀大の昔と今を紹介するプレゼンテーション、元留学生の自己紹介がありました。その後、「マレーシア滋賀大学同窓会」結成の提案がなされ、満場一致で承認されました。Chong Huck Joo氏の会長就任も満場一致で承認されました。

パーティでは、「~先生はお元気ですか」、「駅前のスケートリンクが懐かしいです」。「~町のファミレスでバイトしていました」、「子供が~幼稚園に通っていました」等々、彦根時代の懐かしい話に花が咲きました。学部生は4年間、院生でも2年間は日本に住んでいたため、皆さん日本語が本当に流ちょうでした。帰国後、政府や企業でばりばり働き、日本との関係のある会社に勤めている人も多数おられました。

Chong会長は、「マレーシア滋賀大学同窓会」の活動として、当面はマレーシアで本学のプレゼンスを高めるべく広報活動に努めること、本学のマレーシアでの教育研究活動を支援すること、同窓生同士の交流の機会を増やすことを挙げておられました。マレーシア在住の日本人の滋賀大OB・OGの皆さんとも交流をしたいと仰っていました。

マレーシアからは同国の政策もあって、日本への留学が盛んで、これまでに53名の方が本学で学んでいます。特に90年代は、毎年10名程度の学生が在籍していました。みなさんが本学で学んだことを活かし、滋賀で暮らしたことを想い出として大切にしておられます。政府や産業界、教育界で活躍しておられます。他の国に移住したり、日本で活躍しておられる方もおられるようです。

海外での「滋賀大同窓会」の結成は、おそらく今回が初めてのことではないかと思われます。元留学生は、滋賀大コミュニティの大切な一員です。「マレーシア滋賀大学同窓会」の活動を支援し、また他の国や地域でこのような「滋賀大同窓会」の結成の動きがあれば、支援して交流の輪を拡げてゆきたいと考えています。

なお、「マレーシア滋賀大学同窓会」に関するお問い合わせは、alumni@biwako.shiga-u.ac.jpにお願いいたします。 (SUi 平井 肇)

<リンク>
マレーシア滋賀大学同窓会の様子(アルバム)

Chongマレーシア滋賀大学同窓会会長Chongマレーシア滋賀大学同窓会会長

同窓会結成準備会に参加した卒業生同窓会結成準備会に参加した卒業生

ページ先頭に戻る


ページ先頭に戻る