To the English homepage 中文的主页 サイトマップ お問い合わせ
SHIGA UNIVERSITY international(滋賀大学国際センター)
サイト内検索
by Google

国際センター・ホーム > NEWS 2007/12/12

NEWS

モンゴル・人文大学 プレブスレン教授が来学しました

2007/12/12

12月3日~10日、滋賀大学の招きに応じてモンゴル・人文大学日本研究科主任のプレブスレン教授が来学しました。学生交流協定の締結に向けての具体的な準備や教育学部・教育学研究科、経済学部・経済学研究科と交流する可能性についての模索などが今回の滋賀大学訪問の主な目的でした。

滋賀大学におけるプレブスレン教授の訪問日程は実に内容豊かなものでした。成瀬龍夫学長と井深信男副学長への表敬訪問、留学生向けの日本語授業視察、本部における教職員セミナー講演(タイトルは「モンゴルからの留学生の受け入れに向けて」)、秋山元秀教育学部長との会談、教育学部の学生及び教職員への講演(タイトルは「モンゴルの暮らしと文化」)、教育学部言語系教員との交流、滋賀大学国際交流会館での見学、などなど。

中でも、一日をかけて行われた滋賀大学国際センターのスタッフとの会議は充実したものとなり、両大学の間における学生交流についての具体的なディテールが丹念に検討されました。

教育学部での講演には100名を越す学生、教職員が参加しました。モンゴルの言語の特徴や文字、食文化、教育などの話に、参加者は聞き入っていました。講演を聞いた学生たちのレポートには異文化に触れた新鮮な感動が綴られています。そのレポートをみると、幼児教育、環境教育、障害児教育、社会科教育、学校心理、生活技術、芸術表現教育…教育学部のほとんどの課程コースの学生が出席していました。

経済学部・経済学研究科との会談も特記すべきことです。学部長室において、福田敏浩学部長、企画・総務・評価担当の近藤学副学部長、入試担当の太田善之副学部長、大学院入試委員の鈴木康夫教授とプレブスレン教授、国際センターの代表が、モンゴル人文大学からの留学生を迎える場合の入学時期、学習内容、単位のとり方、来日の形態などについて、活発な意見交換を行いました。福田学部長がwelcomeの意を表しました。

12月6日はプレブスレン教授の誕生日でした。国際センターのスタッフによる誕生祝いを受けたプレブスレン教授が「外国でこのような誕生日を迎えたのは初めて」と感動したのは、印象的でした。(楊暁文)

ページ先頭に戻る


ページ先頭に戻る