台湾
Taiwan

時が経つのは早いものです。私の滋賀大学での交換留学がまもなく終わろうとしています。この留学は私にとって初めてのもので、私にこのような機会を与えてくれた滋賀大学にとても感謝しています。環境、人々、生活、言葉など私にとっては新鮮で興味深いものばかりで、いつも全力を尽くそうとがんばりました。そして、自分から全力で取りくもうとすれば、難しいことなど何もないということがわかりました。日本で学んだことすべてにとても感謝しています。

まず触れておきたいのが私の日本での勉強の日々です。滋賀大学では小倉先生に指導していただきました。小倉先生はとても親切で勉学・生活の両面で随分助けてくださいました。私は小倉先生が担当されている授業2科目を履修しました。一つは「国際化と東アジアを考える」の授業であり、この授業では学んだことについてレポートを書かなければいけません。最初は授業がよく理解できず大変でしたが、こうした勉強ができるせっかくの機会をあきらめてはいけないとがんばり、最終的には単位を取得することができました。

もう一つの授業はゼミで、経済危機について扱うゼミでした。ゼミでは各自が授業の前に予習をし、授業中に発表するという形式でした。私は他の学生とはまったく違った題材を選びました。私は台湾の経済について他の学生に紹介しましたが、これがとても面白く、経済学への関心が増しました。

これと同様、私の留学において重要なことの一つが、国際センターの日本語クラスを履修して自分の日本語がかなり上達したことです。留学当初、私の日本語は上手くありませんでした。私の発音や文法に間違ったところがあると、先生方は正しい発音や文法に私が気づくまで丁寧に根気強く指導してくださいました。その結果、私は自信を持つことができました。

劉先生、黒田先生、吉田先生のご指導で、日本語の単語の正確な意味や語学の学び方も知ることができました。日本語クラスでは、言葉だけではなく、茶道や歌舞伎など日本の文化や伝統を学ぶこともできました。こうしたことすべては、私の日常生活でも役に立ちました。うれしいことに、履修した日本語クラスすべてで合格することができ、高い点数をつけていただきました。

留学生活の成功を語る上で忘れてはならないもう一つの大切な要素は、大学が私たち留学生にチューターをつけてくれたことです。この制度で日本人と会話をする機会をたくさん持つことができ、とても感謝しています。私は週2回、この制度を利用していました。最初は少し恥ずかしかったのですが、私のチューターはとても親切で、日本語の正確な語彙や文法をどのように使うかを私に教えようと、発音が上手になるよういつも励ましてくれたり、たくさんの話題を準備してくれました。その上、彼女とはよい友達になりました。

日本での日常生活もとても面白く、貴重な体験でした。私の日本語はあまり上手ではありませんでしたが、自分が望めば何でもすることができました。最初は日本の生活になかなか慣れませんでしたが、だんだん日本のすべて、人も食べ物も大好きになりました。

中国、ヨーロッパ、韓国、アメリカなどいろいろな国から来た学生たちとも友達になりました。皆とても

親しく付き合ってくれました。何か困ったことがあると、皆が助けてくれました。私が日本を離れる際、友達や国際センターの日本語の先生方が私のためにプレゼントを準備してくださったり、送別会を開いてくれました。送別のカードもいただきました。こうした贈り物をいただいて、私は泣いてしまうほど感激しました。

こちらではパーティーもたくさんあり、私もよく参加しました。パーティーはただ楽しむ以外にも、他の国の文化を学んだり、日本語を学習する場にもなりました。また、滞在中は大阪、東京、名古屋、京都などへの旅行もたくさん経験し、訪ねた場所すべてが印象的でした。

最後にまた一つ大事なこととして、日本で生活をして私の心に残ったのは、自立できたことです。日本に来る前の私は両親に守られて生活していました。しかし、日本では自分のことはすべて自分でしなければなりませんでした。料理も上手にできるようにがんばり、空き時間は有効に使い、人づきあいもうまくやっていこうとがんばりました。私がここで学んだことはすべてよい経験となりました。

こうして座ってこの文章を書いていると、楽しい思い出がたくさんあったこと、滋賀大学での楽しい生活、ここで出会ったすべてのものや人々のことが次々と思い出されます。勉学、日常生活の両面にわたってご助力いただいた滋賀大学の先生方にお礼を申し上げます。特に私の指導教授の小倉先生、国際交流会館のチューター後藤さんに感謝しています。ここで出会った友人たちにもお礼を言いたいです。びと悲しみをともに分かち合ってくれてありがとう。

ここを離れる前に、行った所を再訪して、知り合った人々に別れの挨拶をしたいと思っています。貴な思い出が心に刻まれると思います。将来またここに戻って来る機会があれば、そうしたいです。

ありがとうございました。皆さんのご多幸をお祈りします。


 

How times flies! My exchange study here is coming to the end. This is my first time to be an international exchange student and I so appreciate that Shiga University can offer me this opportunity for further study. As for me, the environment, the person, the life, and the language are new and interesting, and all of them are challenges. In this way, I always do my best to achieve everything, and I find that if you are willing to try everything is not difficult for you. I’ve been really grateful for everything I’ve learned in Japan.


The most immediate element that I’d like to share is my studies in Japan. In Shiga University, my professor is Dr. Ogura, who is so kind and helps me a lot on both studying and living. Also I have chosen two classes conducted by Dr. Ogura. One of them is about the International Economic of East Asia, in which I need to write reports on what I’ve learned in the class. At first, I felt it was so difficult because I couldn’t understand very well in the class. However, I didn’t give up any chance that I can learn and finally succeeded in gaining the credit.

The other class usually called seminar, is about economic crisis, for which we need to prepare for study before the class, and then make presentations in the class. But when it came to my turn, my topic was quite different from other students’----I needed to introduce something about Taiwan’s economy to all the foreign students of the seminar. I felt it really interesting and I became more and more comfort to do those studies.


An equally significant ingredient counted for my study is that I have made great progresses in Japanese by taking the SUi Japanese courses. At the beginning, my Japanese was not good, and whenever there was something wrong with my pronunciation or grammar, every teacher was so diligent and patient to me to make me know the exact things, which always led me to become more confident.

Under the help of teacher Liu, teacher Kuroda, and teacher Yoshida, I’ve got to know the exact meanings of Japanese words, as well as the way of learning the language. During the Japanese courses, I have not only learned the language, but also Japanese culture and some traditional things, such as Sadou, and Kabuki. And all of them do have helped me so much with my daily life here. Excitingly, I’ve passed all the Japanese courses and gotten high marks.


One more factor should not be forgotten is that the University supplies us foreign students with tutors. I should be thankful to the tutor system which gave me much chance to make conversations with native Japanese. Every week I had two times for talking. At first, I was a little nervous, but my tutor was so kind. She always pushed me to do well in my pronunciation or changed many topics, in order to assist me to know how to use the correct vocabulary and grammar in Japanese. Besides, we became good friends.


The next thing that I want to share is all about my life, which is so interesting and precious. Although my Japanese is not very good, but I still could do everything if I want. At first, I couldn’t be costumed to the life here; gradually however, I’ve fallen in love with everything, the people and the food.


I have made many friends from different countries, such as China, Europe, Korea, America, and so on. They are also friendly to me. Whenever I was in trouble, everyone is willing to give me a big hand. Before my leaving, all my friends and SUi Japanese teachers gave me a large number of presents, hold farewell parties for me, and they also wrote me best wishes in cards. When I got those things, I was touched into tears.


Here also there were had many parties to join in; I did not only enjoy myself in the party, but also learned different cultures of other countries, and by the way practiced my Japanese.
In addition, I have made a lot of travels during these months. Osaka, Tokyo, Nagoya, Kyoto, and etc, and all of those places leaves me deeply impressions.


The last but not the least, the most touching aspect of my livings here is self-independence. Before I came here, I was protected under the shield of my parents. However, in Japan, I must do everything myself. I’ve learned to cook better, take full use of spare time, and deal with relationships with other people What I’ve learned are all good experiences.
Sitting in the chair and writing this article, how many times have I dwelled on all the memories of those happy hours, how have I enjoyed my life in Shiga University, and how I will miss everything and everyone here. On the one hand, I want to give all my thanks to the teachers in Shiga University, who have given me a hand on both study and living, especially my conductor Dr. Ogura and Miss Goto in the exchange students’ dorm. On the other hand, I want to thank all my friends here. Thank them for sharing happiness and sorrows with me.
Before I leave this city, I will go back to everywhere that I have been to and say goodbye to those people I know, preserving my precious memories. If I have an opportunity to come back again in the future, I will try.

All my thanks and best wishes again.